パワースケーター 組み立てキット
 
 
 ▼ 組み立てキット
 
 
 
 完成品を買って、すぐに乗って遊ぶってゆーのも良いんだけれど、
 どうせだったら、もっともっと味わい尽くすってゆーか、組み立ても自分でやったり、
 オプションパーツを組み合わせて、オリジナル仕様にしてみるのも良いかも!
 
 
 ▼ オプションパーツ ・ チューニングパーツなど
 
   
 
  ↑ 剛性感UPに役立つアルミワイドデッキと、ノーマル品との比較 ( 上の写真:左 )
    チャンバーマフラーと、リヤディスクブレーキ ( 上の写真:右 )
 
 
   
 
  ↑ こちらも剛性UPのアルミホイールと、ハードタイヤ ( 上の写真:左 )
    オートバイと同じようなハイスロットル・キット ( 上の写真:右 )
 
     ※ ちなみに、ノーマル仕様のアクセルは、スロットル式ではなく、レバー方式。
       レバーを引いたり戻したりして、スロットル調整する。
 
 
 このほかにも、BIGキャブレターや、ギヤ比が変更できるピニオン、遠心クラッチ用の強化バネ、
 ポート加工済みのシリンダーヘッド、排気量UPのロングクランクなどなど!!
 
 バイクの改造などの経験のある方は、かなり楽しめるほどパーツが充実しています。(^-^)v
 
 
 
 ▼ 組み立て時のちょっとしたコツ (1) ブレーキ調整
 
 構造的には、自転車や原付などと全く同じ。
 おおまかにワイヤーの張り具合を調整して、微調整はネジ部で行ないます。
 
 ▼ 前輪
 
   
 
  ↑ ワイヤーを張る時は、 部分を緩めて、左右をグッと押さえつけ、
    ワイヤーを下方へ引っ張りながら 部分を締め直せばOK。 
 
 
 
  ↑ ブレーキのゴムは、ホイールに合わせて微調整しよう。
    ちゃんと向きが合ってないと、制動能力が低下しますので要注意です。
 
 
 ▼ 後輪ディスクブレーキ
 
   
 
  ↑ ワイヤーを張る時は、 部分を緩めて、前方へをグッと押し込んでやり、
    ワイヤーを後方へ引っ張りながら 部分を締め直せばOK。 
 
 
 
 ▼ 組み立て時のちょっとしたコツ (2) 小ワザなど
 
 
 
  ↑ ノーマル仕様のグリップから、カラーグリップに交換したり、ハイスロットル・キットを取付ける際、
    ノーマル仕様のグリップを取り外すワケですが、、、これがなかなか取れません(笑)
    1番簡単な方法としては、上の写真のようにカッターで縦割りに切るのが良いでしょう。
    もちろん、再使用は出来なくなりますが・・・(^^ゞポリポリ
 
 
 
 
  ↑ ハイスロットル・キットを組み込む場合、あまり奥まで入れると
    スロットルの戻りが悪くなったりします。 
    適度な位置( 上の写真の赤い線の所ぐらい )でとめるようにするのが
良いでしょう。
 
 
 
 
  ↑ 本当は、ネジの緩み防止には、ネジロック剤を塗布してネジを締め付けるのが良いですが、
    瞬間接着剤を代用するのも良いです。(^^ゞ
    瞬間接着剤を使う場合は、締め付けた後にネジ山に塗るようにします。
 
 
 
 
  ↑ 私の場合、エンジンのキルスイッチを上の写真の の位置に移動しました。
    ( 本来は、ハンドルに取付ける )
 
    クルマ ( インプレッサのセダン ) に載せて運ぶ場合はハンドルを脱着し、
    少しでも小さくして後部座席に積む事になります。(^^;; ヒヤアセ
 
    スイッチがハンドルにあると、脱着に伴いコードが断線・接触不良になるのを
防ぐ意味で、
    この場所に移設しました。(^-^)v
 
 
 
 
  ↑ ブレーキワイヤーや、スロットルワイヤーは、付属のタイラップ ( 結束バンド ) で
    縛っておきましょう。 
    特にステップ下部は、とめておかないと、垂れ下がって走行時に路面と擦れてしまう
    可能性があるので要注意です。
 
 
 
 ▼ チャンバー交換
 
 ネジを緩めて付け替えるだけですので、作業的には難しくありません。
 
   
 
  ↑ まず、エンジンカバーを外します。ネジは 「 」 の部分の2つと、「 」 の箇所の2つの
    合計4箇所です。 ( 上の写真:右は、「 」 部分を正面から見たところ )
 
  
   
 
  ↑ ノーマルのマフラー ( 上の写真:左 ) 大きさはタバコの箱ぐらいです。(^^ゞ
    ノーマルの場合は、エンジンカバー内に収納され、上の写真:右 の 部分から排気します。
    
 
 
 
  ↑ チャンバーマフラーにする場合は、ノーマルマフラーの出口は使えません。
    エンジンカバーの後部をニッパーなどでスリットに合わせて切り取り、
    チャンバーマフラーのパイプの出口を新たに開けてやります。
 
 
   
 
  ↑ チャンバーのサイレンサーは、スプリング固定です。
    ( スプリングが引っ張る力でサイレンサーが固定されます。 )
 
    取付け時は、先にスプリングの両端をかけて、サイレンサーごと引っ張り
    チャンバーの先端に差し込みます。
 
 
 
 ▼ オリジナル改造
 
 燃料タンクがポリ製で、下部にガードが無いため、転倒時にタンクが簡単に破損しないように
 タンクガードを作ってみました。(^-^)v
 
   
 
  ↑ 燃料タンクは、エンジン下部の白い部分。
    好都合なことに、使われてないネジ穴が下部に3つもある! ( 上の写真:右 )
 
 
   
 
  ↑ スリット入りのアルミの板材を買って、タンクを覆えるぐらいの大きさにカット。
 
 
   
 
  ↑ 汎用ステーを適度な長さに切って曲げて、使われていない既存のネジ穴に固定。
 
 
   
 
  ↑ ネジとネジ台座を使って、ステーにスリット入りのアルミ板材を固定します。
    固定したら適度に曲げて、タンクを囲ってやればOKです。