▼ 電子スイッチ式も新設計、トゥルーバイパス化や BOSS SD-1 にも流用可
 
 
 
 ラッチングリレー式の基板に少々失敗を感じ、純正と同様の電子スイッチ式の基板も作ってみた。
 ( 今回も大手メーカーが利用する ISO認証工場に発注した高精度高品質の基板。)

 もちろんただ電子スイッチ式を作っても面白くないから、簡単にトゥルーバイパス化ができるように
 レイアウトを凝ってみたり、切替機能も加えてみた。
 
  
 
 ↑ こんな感じで、TS9 にそのまま入る 「 純正交換タイプ 」 。 ACアダプターもそのまま使用可。
 
  
 
 ↑ 自作パソコンとかで使う 「 ジャンパーピン 」 を用いてクリッピングダイオードやコンデンサを切替可能。
   
   ジャンパーピンを使わずに別途切替スイッチを用意して繋いでも便利だろう。
 
 
 
 ↑ 使用するパーツを変えて、いろいろな音色を作り出せる。これは楽しい!!
 
 ↓ 電子スイッチの回路を使わずに、トゥルーバイパス化も簡単に作れる。
 
 
 
 ↑ 基板上に引かれたラインより下が電子スイッチ用の回路部分。
   ラインより下に部品を実装しなければ、トゥルーバイパス用の基板となる。 
 
  
 
 ↑ このように市販の汎用ケースに 3PDT フットスイッチを付けて組み立てれば自作エフェクターにもなる。 
 
 ↓ TS9 だけでなく、BOSS 製 SD-1 のケースなども使用可。
 
  
 
 ↑ BOSS 製 SD-1 の TS808 化改造にとても役立つ。
 
 
 
 ■ この基板にご興味のある人は… ( 未使用品をお譲りすることが可能です )
 
   
 
  基板は上の写真のように部品が未実装の状態です。部品は別途ご用意下さい。
  もちろん必要な部品や組立方法は、A4サイズ ・ フルカラー印刷の説明書で詳細解説。
 
  一から始められるので、自分流の歪み系エフェクター作成が可能。
  自分しだいで、既製品にとらわれないオリジナルエフェクターが実現!
 
  サイズの異なる様々な部品を実装できるよう、予備穴を設けてあります。
  例えば、同じ箇所に小さめのコンデンサだけでなく、予備穴を使って大きめのコンデンサも実装可。
  ひとつの基板でマルチ対応するスグレモノ。
 
  ※ 説明書はある程度初心者の人でも判るようになっていますが、基本的にハンダごてを使った
    電子工作やエフェクター改造の経験者向けです。
 
 
  ご興味のある人は、メール ( masa@impreza.gr.jp ) にてご連絡下さい。
 
  なお、携帯電話のメールは不可です。必ずパソコン用アドレスからメール下さい。
  よろしくお願い致します。
 
   【 ご注意事項 】
 
    頂いたメールには、特別な場合を除き必ず24時間以内に全て返信メールをお出ししております。
    返信メールが届いていない場合は、ご自身のメールソフトの誤設定などにより、こちらから返信しても
    宛先不明で戻って来ている場合が多いです。
 
    また、迷惑メールフィルターの誤動作でフィルターに引っかかるケースもあります。
 
    返信が無い時はメール設定や迷惑メールフィルターの確認を行って下さい。
    ご協力よろしくお願い致します。 
 
 
 
 記事掲載日 2009.06/29