▲メニュー 【 新型インプレッサ & 新型 WRXSTI オンラインカタログ 】 へ戻る

オンラインカタログ 2013年版  XV HYBRID (ハイブリッド)

 ▼ XV HYBRID (ハイブリッド)
 
 
 
 XV モデルにハイブリッド車の登場です。
 
 GJ・GP系の伝統として、発表発売前から情報流出が多く、簡易カタログ等も店頭に並べられていたようなので、
 もうとっくに発売されていたと思っていた方々も大勢いらっしゃったことでしょう!(笑)
 
 アプライドモデルとしては、「 C 型 」 になり、ハイブリッド車は事実上の年改モデルということになりますね。
 
 そう言えば、年改の早さも GJ・GP系の特長です。
 2011年12月末に 「 A 型 」 が発売開始し、翌年10月には 「 B 型 」 が登場、そしてたった8ヶ月後に 「 C 型 」 登場。
 このハイペースが続くとこの先は何型まで行くのか楽しみがありますね。
 歴代最高の G 型まであっと言う間で、初の H 型とか I 型とか登場しそうな勢いです(笑)
 
  ※ 型式としては、GPE です。
    3番目の文字はエンジン&駆動形式を表し、E は 「 2リッターNA、ハイブリッドシステムで AWD 車 」 を意味します。
    GPE = GP系の 2リッターNAエンジン+ハイブリッド+AWD 車 と言うことです。
 
 
 
 ■ 主な変更点
 
  ・ ハイブリッドシステムの搭載
  ・ ハイブリッド車用としてシフトレバーにブーツ式セレクトレバーを採用
  ・ コンティニアスリーバリアブルトランスミッションの採用 ( ハイブリッドシステムのミッション )
  ・ フロントサスペンションの適正化 ( シール、ブッシュ、作動油の変更 )
  ・ リヤサスペンションの適正化 ( スタビ経、シール、ブッシュ、作動油の変更 )
  ・ 新デザインのアルミホイールを採用、タイヤもエコ性能の高い新タイヤを採用
  ・ リヤデファレンシャルのフロントメンバーとブッシュを変更
  ・ ハイブリッドシステムの追加により、プロペラシャフトの全長を短縮し、衝突安全性・静粛性の高い構造に変更
  ・ ブレーキ性能の向上、パーキングブレーキのレイアウトの変更
  ・ ステアリングギヤ比の変更、それに伴うパワーアシスト特性の変更
  ・ 運転席エアバッグにダイナミックダンパー機能を追加
  ・ ヘッドランプのインナーレンズをブルー色に変更、その他、細部にも変更あり
  ・ G-BOOK mX 対応SD ナビゲーションシステム採用
  ・ ステアリングサテライトスイッチ周りををシルバーへ変更
  ・ ハイブリットシステム化により全体的なボディー構造の変更
  ・ ハイブリットシステム化によりメーターパネル、マルチファンクションディスプレイの変更
  ・ シートに表皮仕様追加、助手席の8WAYパワーシート仕様追加

 
 
 ■ 主な外装関連
 
  
  
 
 
 ■ 内装・その他
 
  
  
 
 
 ■ ボディーカラー
 
   プラズマグリーン・パール
   サテンホワイト・パール ( ¥31,500円高 )
   アイスシルバー・メタリック
   ダークグレー・メタリック
   クリスタルブラック・シリカ
   タンジェリンオレンジ・パール
   デザートカーキ
   ヴェネチアンレッド・パール ( ¥31,500円高 )
   ディープブルー・パール
 
 
 
 

 
 ※ この記事はカタログ等の販売資料をもとに作成し、許可を得て掲載しています。
 
 ※ 速報性重視のため、誤字脱字等、または現状と異なる掲載ミス等があるかも知れません。
   間違い等を発見された場合は、ご一報頂けると助かります。m(_ _)m
 
 ※ なお、クルマ自体に関するご質問等は、お近くのスバルディーラーやスバル販売店へお願い致します。
 
 ※ 記事掲載日 : 2013/06/24 
 
 

ページの上部へ