▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
トラスト社製
 
GReddy マルチ D/A ゲージ
 

WRX-STI (VAB) トラスト社製 GReddy マルチ D/A ゲージ


 
 
 最初に書いておきますが、このメーターは既に販売が終了している絶版品。。。
 通販とか、ショップの店頭に残っているのが無くなったら入手不可になりますね (^^ゞ

 
 もう数年前だと思いますけど、発売当初、このメーターには少々不具合があったようで、
 あちこちのブログ等でその不具合について書かれていたのをよく目にしたものです。
 無論、その後は不具合も対策されて問題無く使えるようになったようですが、
 最初のスタートが良くなかったためか、あまり流行らず、ついには販売終了してしまったようで。。。
 
 ですが、このメーター、マジで素晴らしいんです!! ( もちろん対策済み品がね
 
 販売終了してしまったのは、残念でなりません。。。
 
 
 
 
■ このメーターの良いところ (1) マルチなところ
 
 
 
 メーターひとつで、3種類の情報を同時表示。
 上の写真の例では、アナログメーターとしてブースト計、デジタルで水温計と、油圧計 の3つを同時表示しています。
 まあ、WRX の場合、ハードな走行でもこの 3つが判れば基本的に OK ですからね。大変重宝しております。
 
 最近のクルマって、ダッシュボードの上はデザイン的に後付けメーターが付けにくいから、リンク式のメーターとか何個も
 取り付けるのは本当にしんどいんです。
 もともと私はメーターがゴチャゴチャと付いているほうが好きだったんですけど、年々、歳のせいもあって視力も衰え
 目の前に何個も並べているのは正直に言って目にキツイんです (苦笑)
 
 もうね、スッキリ 1つにまとまってると、ホント助かります。(^o^)v
 
 センサーを買い足せば、切り替えで最大 7種類の情報を表示出来るのも嬉しいですね。
 
 
 
■ このメーターの良いところ (2) 取付しやすい、拡張しやすい
 
 
 
 上の写真は各センサーを繋ぐための接続ユニットですが、これはボンネット内に設置します。
 なので完全防水仕様。
 
 ボンネット内から車内へは、ケーブル 1本だけ通せば OK。
 これは本気で素晴らしい!!
 
 リンク式のメーターだと、各センサーの配線をそれぞれ個別に車内へと引き込まなければならないから、
 メーターの数だけ配線に苦労することになりますが、この 「 マルチ D/A ゲージ 」 では手間いらず。
 
 さらにあとからセンサーを追加する場合も、ボンネット内だけで作業が済むのも最大の利点。
 リンク式だとあとからメーターを足すのは全てやり直しに近いですから、やりたくない作業ですけど
 この 「 マルチ D/A ゲージ 」 なら、その苦労が無くてとっても便利。
 
 
 
■ このメーターの良いところ (3) その他
 
 
 
 カラフルでお洒落なところもイイですね。
 アナログ部分は色の変更も可能です。 ( 7色 )
 
 各設定などの操作は付属のリモコンで簡単に出来るのもポイント高いです。
 
 ブーストの負圧側が、デジタル表示部分にスペースを取られて少々簡略的になっていますが、
 実際に使用した感じでは特に問題は感じません。
 表示レスポンスも大変良いので、気に入ってます。
 
 唯一の難点として挙げるなら、センサーを買い足して 3つ以上の情報を切り替えて表示させたい場合、
 切り替えで表示されてないモノについてはワーニングも表示されないという点かな。。。
 まあ、今のところ 3つ以上にしないつもりなので、私的には問題ないですけどね (^^ゞ
 
 
 
 
■ 取り付けたところ
 
  
 
 メーター本体は運転席から見てちょうど真ん中あたりの位置に設置。
 この位置だとメーターの照明がフロントガラスに映り込むので、市販の 60パイ用のメーターフードを付けて対策しています。
 
 
 
 
 メーター背面には 「 GReddy 」 のロゴ照明がありますが、こちらは位置的に映り込みはありません。
 
 
 
 ちなみに、センサーの接続ユニットは のあたりに隠してあります。
 
 水温と油圧のセンサーは、いつも通りの位置に取り付けています。
 ( 同じように取り付けていますので、こちらのページをご参考にどうぞ
 
 
 

備考

 
 メーカーホームページ : トラスト
 
 ※ 記事掲載日 : 2015/02/18

ページの上部へ