▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
HKS 製 EVC6 IR 2.4 徹底攻略!
 
やりこみセッティング第2話
設定編 「 EVCの性能を引き出す設定ワザ 」

 

HKS 製 EVC6 IR 2.4 徹底攻略! やりこみセッティング第2話 設定編


基本的には、以前の 「 EVC6 」 の時と大体同じです。
要注意な部分は代々受け継がれているようですね (^^ゞ
無論、以前の物とは違う部分もありますので、そのあたりも踏まえて解説して行きます。
 
 
 
【 初期設定 】
 
 
 
 ノーマル最大ブースト
 
   これは、60 〜 65 あたりをセットしておくのがお薦めです。
   入れた数値以下では EVC が関与しなくなるので、少し低く設定しておいたほうが
   EVC が積極的に働いてくれるようです。
 
 初期設定ブースト
 
   ここはお好みで良いと思います。私的には 120 あたりが良いと思います。
   ここでは安全域の数値を入れて、最大ブースト値はマップのほうで補正するのがお薦めです。
 
   ちなみにこの値を変えると 「 1ページ目 」 のブースト設定も変わってしまいます。
   必ずこの 「 5ページ目 」 を先に入力するようにしましょう。
 
 初期オフセット
 
   ここはデフォルト値の 100 のままで。
 
 BackgroundColor
 
   ここもお好みで OK です。
 
 Languages
 
   判りやすくするため Japanese を選択するのが良いでしょう。
 
 
 
【 車両設定 】
 
 
 
 圧力単位
 
   一般的な 「 kPa 」 が良いでしょう。
 
 排気バイパスタイプ
 
   「 SWING 」 を選択します。
 
 気筒数 車速パルス
 
   それぞれ 「 4 」 です。
 
 入力信号線
 
   ここは取付方法によって異なります。
   回転信号に結線した場合は 「 回転数 」 を選択します。
 
 スロットルパラメータ
 
   説明書に従って実測値を入れます。
 
 
 
【 機能設定 】
 
 
 
 バーグラフ機能
 
   「 ブースト-A 」 がお薦めです。
   これにつきましては、以前の 「 EVC6 」 のページ で詳しく解説しています。そちらをご覧下さい。
 
 バーグラフ最大値
 
   「 201 」 がお薦めです。
   これにつきましても、以前の 「 EVC6 」 のページ で詳しく解説しています。そちらをご覧下さい。
 
 バーグラフピーク機能、バックライト、アフターイメージ機能
 
   お好みで OK です。
 
 サンプリングタイム
 
   「 3 」 がお薦めです。
   数値を大きくするとオーバーシュートが抑えられ、コントロール精度が上がりますが、
   ブーストの勢いが減って大人しくなる傾向です。
   数値を小さくするとオーバーシュートが増え、ブーストにも勢いが乗って荒々しくなる傾向です。
 
 
 
【 格子点の設定 】
 
 
 
 以前の EVC6 では、格子点の設定は必須と言えましたが、EVC6 IR 以降は特にいじる必要は無いと思います。
 
 ※ この格子点が増えたのが IR 以降の利点なんですが、見づらいと言いますか、マップ全体を見ることが
   出来なくなってしまったのは残念です。。。
   マップ全体を見るには、パソコンから設定できる 「 EasyWriter 」 を使うのが良いでしょう。
 
 
 
 
 

備考

 
 関連ページ : HKS
 
 ※ 記事掲載日 : 2015/08/14

ページの上部へ