パワースケーターって何?
 
 
 ▼ パワースケーターって何?
 
 
 
 簡単に言ってしまえば、エンジン付きのキックボード。(^^ゞ
 
 日本ライフ社 と言う、主にポケバイを作っているメーカーから発売されています。
 
  ※ スバルワールドラリーチーム ( SWRT ) のスポンサーである 「 スナップオン社 ( Snap-on ) 」 
    からも、日本ライフからのOEMで販売されているようです。
 
 で、肝心のエンジン部分は、ロビン EC025G 型。
 
  ※ ロビンエンジンは、” 富士重工業株式会社・産業機器カンパニー ” で作られています。
    ( ロビンもスナップオンと同様に、SWRTのスポンサー )
    パワースケーター用として、ライフ社オリジナル仕様となっているようです。
 
 と、ゆーワケで、なにかと スバル や SWRT に縁の深いマシンが、このパワースケーターです。(笑)
 
 
 最近、電動スクーターや電動のキックボードをよく見かけるようになりましたよね。
 当サイトでも、もう、ちょうど1年前ぐらいになりますが、以前に記事として紹介した事がありますが
 電動モノと比べると、さすがにパワーがありますね!
 やっぱりエンジンがあると違います! (^^ゞ
 充電の手間や待ち時間が無いので、ある意味、” 意外とお手軽 ” と言えるカモ。(笑)
 
 公道を走らせられないのが少々残念ですが、剛性も高く、しっかりとした造りなので
 多少の荒れた路面 ( オフロード ) でも走れるのが魅力です。
 アウトドアやキャンプなどで、ちょっとした ” 足代わり ” にするのもアリでしょう。
 ( 無論、これが走って良い場所に限られると思いますが(^^ゞ )
 
  ※ 実際に乗る場合は、これが合法的に乗れる場所で乗りましょう。(^^ゞ
    また、モラルや一般的なマナーを守り、騒音等で他人に迷惑をかけないようにしましょう。
 
 
 それと、エンジン物の楽しみと言えば、なんと言ってもチューニング!!
 
 電動タイプと違って、色々といじる楽しさがある事ですね。
 例えば、マフラー交換、キャブレター交換、プラグの交換、ギヤ比の変更、などなど・・・
 その気になれば、ポートの形状加工やポート研磨、ヘッドの面研もアリでしょう!(笑)
 
 バイクの改造にハマった人なら、確実に楽しめると
思います。(^^ゞポリポリ
 
 そのうちオフ会で、こう言った乗り物のレースをやってみたいですね〜 (笑)
 
 
 
 ▼ ロビン EC025G 型エンジン
 
 
 
  ↑ いや〜、、マジで取って付けたような ” 無骨さ ” は、スバリストの心を魅了します(爆)
    この洗練されてない、いかにもメカが剥き出しって感じな所が超グッド(笑)
 
 
   
 
  ↑ エンジンカバーを外した所( 上の写真:左 )
 
    写真では判りにくいと思いますが、ヘッドのすぐ右隣にあるのが点火用コイルで、
    その下側に空冷ファンと遠心クラッチがあります。遠心クラッチの先にはピニオンギヤがあって
    タイヤに取付けられたスパーギヤを回して走ります。( 上の写真:右 )
 
   ▼ パワースケーター スペック表   
   エンジン  ロビンEC025ライフ仕様  
   エンジン形式  空冷2サイクル直立単気筒ガソリンエンジン  
   燃料  ガソリン ( 2サイクルオイル混合 )  
   総排気量  25.5cc ( ライフ仕様の場合。 Robin オリジナルは 24.5cc  )  
   最大出力  1.3PS/8000rpm ( ノーマル仕様 )
 2.4PS/8500rpm
 ( チャンバー付き )
 2.8PS/11000rpm ( チャンバー + BIGキャブレター付き ) 

 ( 上記は、ライフ仕様の場合。 Robin オリジナルは 1.2PS/7000rpm )
 
   最高速  35km/h ( ノーマル仕様 ) 〜 45km/h ( チャンバー+BIGキャブレター )  
   走行距離  約25km  
   車体サイズ  1250 × 620 × 920 ( 全長 × 全巾 × 全高 )  
   車両重量  10.5kg ( ノーマル仕様 ) 〜 11kg ( オプション付き )  
       
 
    ※ 上記はメーカーの公表値です。  私が実測したデータではありません。(笑)
 
 
 
 
 
  ↑ 余談ですが、” マルフ マーク ” は見つからなかったです。(^^ゞポリポリ
    エンジン型番はヘッドのすぐ下にありました。

     ← マルフマーク ・・・・ 富士重工系の製品に付いている場合が多い。(^^ゞ
 
 
 
 
 ▼ 足周りなど
 
 特にサスペンション機能は無いですが、しっかりとした剛性感のあるフレームなので
 私のように少々体重が重くても ( 最近、太って悩んでます(泣) )、問題なく乗れます。(笑)
 
 もちろん、普通のキックボードのようなタイヤではなく、自転車に近いサイズのタイヤですので
 乗り心地が良くて、段差や路面の凹凸にも強いですし、安心感がありますね。
 
 オプションパーツのアルミホイールを取付けると、ホイール剛性も上がって、
 オフロードでの使用もOKのようです。(^^ゞポリポリ
 
 
 ▼ 前輪
 
   
 
  ↑ 写真は、オプションパーツのアルミホイール + ハードタイヤ。
    前輪ブレーキは、一般的な自転車用と全く同じ。( 上の写真:右 )
 
 
 ▼ 後輪
 
 
 
  ↑ 後輪です。スパーギヤがあり、ここに直接エンジンからの動力が伝わり走ります。(^^ゞ
 
 
 ▼ 後輪ディスクブレーキ( オプション )
 
   
 
  ↑ スパーギヤと反対の面に取付けます。 ( 上の写真:左 )
    いかにもアルミ削りだしのブレーキキャリパーステー(?)です。
    この、ゴツイ感じがたまりませんね〜 ( 上の写真:右 )