▲ カスタマイズ & DIY & チューニング 「 ホント 」 のところ メニューへ
 
 
DIY 基礎系
 
意外と知らないヒューズのダメな使い方
 

意外と知らないヒューズのダメな使い方

 
 電気系の DIY をする際、使用するかしないかで悩む事の多いのが 「 ヒューズ 」 でしょう。
 無論、あったほうが何かと安全であると言えるのですが、使い方によってはかえって危険になる場合も
 ありますので、注意が必要です。
 
 
 まず、ヒューズを後付けで使用するには 「 ヒューズホルダー 」 が必要になりますが、
 ヒューズホルダーには意外と知らない 「 使用制限 」 の注意事項があったりします。
 
 有名メーカー品でも
  ・ 8時間以上は連続使用しないこと。 それ以上は発熱・発火の危険性あり。
  ・ 70度 ( または 80度 ) 以上になる場所で使用しないこと。
 と言ったような注意事項があります。
 
 8時間以上連続で運転することは滅多に無いと思いますが、基本的には熱のこもる場所は避けないと
 ダメだという事です。
 
 特にボンネット内は NG でしょう。
 70 〜 80度以上になる事は珍しいことではありません。
 それ以上の温度で直ぐにダメになるとは思えませんが、プラスチック部分が劣化し、エンジン等の振動で破損、
 端子や配線部分が剥き出しになってショートする危険性があります。
 
 真夏の炎天下でも車内が高温になる事がよくありますから、車内に取り付けするような場合でも温度の
 上がりにくい場所に取り付けるようにしましょう。
 また、足もとのエアコン ( ヒーター ) の送風口の近くも避けるべきです。
 
 
 
 では、ダメな使い方をするとどうなるのか?
 ヒューズの危険性、「 ホントのところ 」 を見てみましょう。
 
 
 ↓ 実際にヒューズが発熱して溶けた事例
 
 
 
 15アンペアの平型ヒューズが熱で溶けています。
 しかし、これだけ溶けているにも関わらず、ヒューズ自体は切れていません。
 
 ヒューズは切れていないので電気が流れているため、金属部分等に接触するとショートしてしまう
 可能性が非常に高く、とても危険です。
 
 ※ 上の写真は2輪車で起きた事例ですが、4輪車でも同様に起こります。
 
 
 
 なお、一般的な乗用車の場合、車内に流れている電源は車両の純正ヒューズボックスを経由しているので
 車内から電源を取るのであれば、基本的には後付けヒューズは必要ないと言えます。
 取り付けるなら、温度が高くならない場所に取り付けましょう。
 特にボンネット内へのヒューズ取り付けはなるべく避けるべきでしょう。
 
 
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2018/01/08

ページの上部へ