▲ カスタマイズ & DIY & チューニング 「 ホント 」 のところ メニューへ
 
 
パーツが先か? ECUが先か?
チューニングにおいての最近の傾向

パーツが先か? ECUが先か?

 
 チューニングをする場合、まず思いつくのがエアクリーナーやマフラーの交換ですが、
 これらを最初に交換するのが本当に良いのだろうか?

 フラッシュエディターなど、ECU 書き換えが手軽に出来るツールも一般化し、
 エアクリもマフラーも交換せずに ECU のみチューンしたい人も多い事と思います。

 今回はこのあたりの事をお話ししましょう。
 


 まず、最近のクルマは以前のようにエアクリやマフラーを社外品に入れ替えても
 あまり目立ったパフォーマンスアップを感じられなくなりました。

 排ガス規制や音量規制も年々厳しくなって来ていることや、クルマ自体も ECU の管理が
 より細かく行われるようになって、あまりノーマルからかけ離れた性能のモノだと
 エンジンチェックランプが点灯する可能性もあって、以前よりもノーマルの特性に近い
 社外品が多くなって来たように思います。

 実際、当サイトの フラッシュエディター特別仕様版 のユーザーの皆さんからは

   エアクリやマフラーを入れ替えただけでは変化をあまり感じられなかった

   フラッシュエディター特別仕様版で ECU を書き換えたら、ハッキリと変化を感じた

 というご感想をメールでよく頂きます。
 
 
 やはり最近の傾向として、パーツ交換だけではなかなかパフォーマンスアップを得られないと考えて
 間違いないでしょう。
 
 エアクリやマフラーだけ先に取り付けると思ったほど性能が得られず、ガッカリしてしまう事も多々あるようです。
 


 では逆に、エアクリやマフラーなどを変えずに、ECU の書き換えだけを行った場合はどうか?

 フラッシュエディター特別仕様版ユーザーの皆さんの中には、完全ノーマル状態の所へ
 「 特別仕様版 フェーズ 1 」 を入れている方々も大勢いらっしゃいます。
 
 さすがにエアクリやマフラーがノーマルだと明確に体感出来るようなパワーアップやトルクアップは無いものの
 レスポンスアップや扱いやすさなど、スポーティーなフィーリングアップが得られたとご好評を頂いております。
 
 マフラーの音をうるさくしたくない、外観をあまり変えたくない、だけどもう少しレスポンスの良さが欲しい
 …という方々にもご好評です。
 
 
 このように、なるべく費用を抑えて確実な 「 結果 」 を得たい場合は、ECU から先にいじるのがお薦めです。
 
 また、フラッシュエディター特別仕様版は、フェーズ1、フェーズ2、パワーライターデータの 3種類の中から
 自由に選んで使用する事が出来ますので、最初はエンジンはノーマル状態でフェーズ1を入れたとしても、
 あとからエアクリやマフラーなどを交換し、フェーズ2へとステップアップする事が出来ます。
 ひとつひとつ効果を確かめて行きたい人にもお薦め出来ます。
 
 ノーマル ECU では活かす事が出来なかった社外エアクリ・マフラーの真の性能を引き出す事が可能になり
 パーツだけ取り付けた場合と比べ、満足感も倍加する事でしょう。
 
 
 
 
 
 

備考

 
 ※ 記事掲載日 : 2018/06/06

ページの上部へ