▲ VAB/VAG/VMG/VM4 系 カスタマイズ・ラボ メニューへ
 
 
レカロシート 第4話
シートレール固定部分にカーペット

 

レカロシート 第4話 シートレール固定部分にカーペット


 レカロシートのお話しの続きです。
 
  ・ 第1話 SR-7 LASSIC 2017年 最新モデル
  ・ 第2話 SR-7 LASSIC 取付詳細
  ・ 第3話 SR-7F LASSIC ( サイドサポートが低いフラットタイプ )
 
 
 
 
 本来、コンフォートタイプのレカロを取り付ける場合、シートのホールド性よりも見た目を重視したドレスアップが
 目的の人も多いことでしょう。
 
 しかし、VAB ではシートレールをしっかりと固定するためか、もともとフロアカーペットが切り抜かれていて、
 シートレールをボディーの鉄板部分に直接ネジ止めして固定するようになっています。 
 純正シートレールならば、この部分にプラスチックのカバーが付いて隠れますが、レカロシートのシートレールでは
 そのカバーが取り付け出来ないため、上の写真のようにフロアカーペットの切れ目、断熱材、鉄板が丸見え状態。。。
 
 
 
 
 
 フロアマットを敷いても全く隠れません (苦笑)
 この大きな穴、せっかくのレカロが台無しですよね。
 
 
 
 
 シートレールのフロント側は、あまり目立ちませんが、それでも鉄板が少し見えてしまっていますね。
 
 
 
 これは何としても上手く隠れるようにしたいと考え、「 そう言えば以前も似たような事をしたな・・・ 」 と
 思い出したのが下の写真のモノ。
 
  
 
 ネオプロト社から販売している 「 オプションカーペット 品番 : NP91210 」 です。
 1枚 ¥500- で、4枚ほど購入してみました。
 
 
 これを使って、まずは 「 シートレール後側のカバー 」 を作ってみたいと思います。
 
 
 
 
 
 上の写真のようにカットして矢印部分を使用します。
 サイズ的には、約 10cm 角ぐらいです。
 ( これは内側部分用で、外側用は下記を参考にして下さい )
 
 
 
 
 オプションカーペットは、そのままでは固定できません。
 マジックテープの 「 オス側 」 を裏面に貼り付けてオプションカーペットを固定できるようにします。
 
 ※ マジックテープを使うと、純正フロアカーペットにガッチリと固定できます
 
 使用するのは手芸用の幅広タイプ。 10cm x 30cm の物です。
 これも 1セット ¥500- ぐらいでした。 
 運転席と助手席の両方とも作るには、2セット必要です。
 なお、裏面に両面テープ付きの物も売られていますが、両面テープ無しのほうが良いでしょう。
 
 
 
 
 
 シリコン系のボンドを使って、オプションカーペットとマジックテープを確実に貼り合わせます。
 
 
 
  
 
 不要部分をカットし、運転席と助手席、それぞれ外側用と内側用、あわせて 4枚作ります。
 
 外側用は、そのままでは 「 左右対称 」 に作れませんので、下記のようなワザを使います。
  
  
 
 カットして余った部分を使い、マジックテープを土台にしてボンドで貼って繋ぎ合わせます。
  
 
 
 
 
 カーペット生地は表面が毛羽立っていますから、このように繋ぎ目は殆ど判らないようになります。
 
 ※ このワザを応用すると、そのままでは作れない形状や、本来のサイズよりも大きな物でも繋ぎ合わせて
   作り出すことが可能になります
 
 
 
 
 
 2 〜 3日かけてボンドが完全に固まるのを待って、車両に取り付けます。
 置くだけですが、裏面に貼ったマジックテープのおかげで、ガッチリと固定。 (^o^)v
 
 上手く隠す事が出来ました!!
 
 
 
 
 
 フロアマットを置けば、ほとんど判らないぐらいになりますね。
 私的には、純正レベルの仕上がりかと ( 大袈裟かな (笑) )
 
 余ったオプションカーペットを使って、また後日、フロント側も作ろうと思います。
 
 
 
 

備考

 
 関連ページ : CLUB RECARO
 
 ※ 記事掲載日 : 2017/08/18

ページの上部へ